nifty 音楽総合サイト MOOCS

カレンダー

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

山本耕史

山本耕史 1976年10月31日生まれ B型
2005年、エランドール新人賞、ギャラクシー賞月間賞(04.05月度)・同年間奨励賞、2004年ザ・テレビジョン・ドラマアカデミー助演男優賞 ほか
(撮影 林義勝)

山本耕史公式サイト



« パパ・ハイドンの思い出 | トップページ | こっちはおすすめ »

2006年12月 1日 (金)

楽器としてどうかと

こんにちはモーツァルトです。
自動オルガンって知ってますか?
その名の通り、自分で勝手に演奏しちゃうオルガンなんですよ。
時計に組み込まれたり、人形に付いてたりするのもあります。
まあ、要はおもちゃみたいなもんで、
音もなんか甲高くてヘンなんですよ。
本来、ぼくとはあまり縁のないはずのものなんですよね。
ところがこれが好きなひとがいて、
わざわざ自分の家に置いちゃうようなことをしてるんですね。

自動オルガン

音楽愛好家のシュトリテッツ伯爵っていう方がそうなんですけど、
で、その機械のために曲を書いてってご依頼が来たんですよ。
もう喜んで!って言って受けたはいいですけど、
これがなかなか筆が進まないんですよねえ...
実はぼくの亡き父は、これのための曲を結構書いてるんですけど、
ぼくには正直えらく退屈で、なんだか自分がみじめに思えてきました。
なんたってあの楽器離れした音ですから。
まあでも今年は仕事やりますんで。
コンスタンツェにも不自由なく暮らして欲しいですし。
なんとか仕上げましたよ。
でもどうなんでしょうねえ、あの機械...

1791年5月 第185回 12月1日(金)放送

2006年 12月 1日 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183569/12754505

この記事へのトラックバック一覧です: 楽器としてどうかと:



Copyright(C)2006 NHK ENTERPRISES All Rights Reserved.