nifty 音楽総合サイト MOOCS

カレンダー

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

山本耕史

山本耕史 1976年10月31日生まれ B型
2005年、エランドール新人賞、ギャラクシー賞月間賞(04.05月度)・同年間奨励賞、2004年ザ・テレビジョン・ドラマアカデミー助演男優賞 ほか
(撮影 林義勝)

山本耕史公式サイト



« 『山本耕史とたどる モーツァルトへの旅』特別編(3)プラハの劇場にて | トップページ | 空が晴れれば気も晴れる »

2006年12月18日 (月)

クラリネットは思い出のように

こんにちはモーツァルトです。
「皇帝ティートの慈悲」の仕事が急に入ったり、
「魔笛」があったり、
オペラの大きな仕事が入ってしまったので、
ほかの仕事がついつい後回しになってたんですが、
ぼくの旧友でウィーンの宮廷楽団のクラリネット奏者、
シュタードラーからクラリネット協奏曲の依頼も受けていたんです。
で、「魔笛」の初演が無事終わったんで、
早速書き上げました。
シュタードラーのためには前にもクラリネット五重奏を書いているんですが、
彼と知り合わなかったらクラリネットという楽器の魅力がよくわかんなかったかも。
ちょっととぼけた音から憂いのある音まで、
多彩な音色を出せるので、
曲作りもなかなか面白いんですよ。
この曲のアダージョの旋律を書きながら、
これまであったいろいろなことをつい思い出してしまいました。
そういうわけで、今回のコンチェルトは、
クラリネットの豊かな表現力をたっぷり楽しめる曲になったと思います。

シュタードラーが仕えていたヴィルヘルミーネンベルク宮殿(ウィーン)

それじゃあ曲もできたんで、
バーデンにコンスタンツェを迎えに行って来ます。
「魔笛」の初演の前後は相当忙しかったし、
ちょっとぼくも夏頃から調子が悪いんで、
温泉にでもゆっくり浸かってきますよ!

1791年10月初旬 第196回 12月18日(月)放送

2006年 12月 18日 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183569/13101412

この記事へのトラックバック一覧です: クラリネットは思い出のように:

» レオポルド・ブログ3 トラックバック ビザンチン皇帝の日常
 いよいよ毎日モーツァルト(アマデウス・ブログ参照)も大詰めになり,今週は今日「 [続きを読む]

受信: 2006/12/18 1:02:04



Copyright(C)2006 NHK ENTERPRISES All Rights Reserved.