nifty 音楽総合サイト MOOCS

カレンダー

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

山本耕史

山本耕史 1976年10月31日生まれ B型
2005年、エランドール新人賞、ギャラクシー賞月間賞(04.05月度)・同年間奨励賞、2004年ザ・テレビジョン・ドラマアカデミー助演男優賞 ほか
(撮影 林義勝)

山本耕史公式サイト



« 『山本耕史とたどる モーツァルトへの旅』特別編(2)プラハにてインタビュー | トップページ | クラリネットは思い出のように »

2006年12月17日 (日)

『山本耕史とたどる モーツァルトへの旅』特別編(3)プラハの劇場にて

7月27日

モーツァルトが「フィガロの結婚」や「ドン・ジョヴァンニ」を自ら指揮したスタボフスケー劇場にて。

ここで、モーツァルトの手紙を朗読するシーンを撮影しました。
この映像は朗読の練習をする山本さんです。

残念ながら、ここでの朗読シーンは番組からはカットされてしまいました!


500K 1M

映像をご覧になるためにはWindows Media Playerをダウンロードしてください。
windows media player

2006年 12月 17日 撮影日誌 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183569/12985828

この記事へのトラックバック一覧です: 『山本耕史とたどる モーツァルトへの旅』特別編(3)プラハの劇場にて:

» 一欠片の幻聴の流れ トラックバック Wein, Weib und Gesang
モーツァルトの手紙を聞くことが出来る。BLOG「はぐれ音楽家の食卓」のSelbstkochenさんが作曲家のある日の手紙を話題にしていたので、検索すると進行中のラジオ番組のHPが見つかった。そこでは、劇場や映画で著名なクラウス・マリア・ブランダウワーが朗読している。映画では007「ネヴァーセイ・ネヴァーアゲイン」の悪役が印象に残っている。ただの朗読では無い。分かるような分からないようなのを、そのままに読み下す... [続きを読む]

受信: 2006/12/29 8:02:24



Copyright(C)2006 NHK ENTERPRISES All Rights Reserved.