nifty 音楽総合サイト MOOCS

カレンダー

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

山本耕史

山本耕史 1976年10月31日生まれ B型
2005年、エランドール新人賞、ギャラクシー賞月間賞(04.05月度)・同年間奨励賞、2004年ザ・テレビジョン・ドラマアカデミー助演男優賞 ほか
(撮影 林義勝)

山本耕史公式サイト



« あの子もこの子も幸せいっぱい | トップページ | 『山本耕史とたどる モーツァルトへの旅』特別編(2)プラハにてインタビュー »

2006年12月15日 (金)

『山本耕史とたどる モーツァルトへの旅』特別編(1)プラハのレストランにて

7月26日

朝、クレメンティヌムという古い文化施設内にある図書館でロケをしたあと、プラハのシンボル”火薬塔”のそばでお昼を食べました。市民会館内のフランツォーカー・レスタウラツェというレストランで、内部は華やかなアールヌーヴォー様式です。

どのチェコ料理にも好奇心旺盛にチャレンジする山本さんでした。


500K 1M

映像をご覧になるためにはWindows Media Playerをダウンロードしてください。
windows media player

2006年 12月 15日 撮影日誌 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183569/12985794

この記事へのトラックバック一覧です: 『山本耕史とたどる モーツァルトへの旅』特別編(1)プラハのレストランにて:

» 作曲家の人となりを考える -モーツァルトの場合- /映画『アマデウス』評 トラックバック 余話譚-たーぼブログ
 芸術の秋だと云っていたら、いつしか季節は冬へと急いでいる。師走ともなるとその名の通り、街行く人も足繁くという雰囲気が現れてくる。年の瀬年の瀬と云いながら、その前にクリスマスという”イベント”がある(日本なのにクリスマスって本来関係なくないか?みんなデパート商法文化にいつまでも毒されてるんじゃないぞ、そもそも真っ当なクリスチャンやキリスト教そのものに対して失礼な気がするぞ!という気もするのだが・・・ま、いいのかな)。クリスマスといえば賛美歌も巷で流れるようになってきた今日この頃だが、ああしたものを聴... [続きを読む]

受信: 2006/12/15 22:00:27



Copyright(C)2006 NHK ENTERPRISES All Rights Reserved.