nifty 音楽総合サイト MOOCS

カレンダー

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

山本耕史

山本耕史 1976年10月31日生まれ B型
2005年、エランドール新人賞、ギャラクシー賞月間賞(04.05月度)・同年間奨励賞、2004年ザ・テレビジョン・ドラマアカデミー助演男優賞 ほか
(撮影 林義勝)

山本耕史公式サイト



« カナリアは好き | トップページ | 喜び半分 »

2006年11月28日 (火)

シカネーダーとコラボ

こんにちはモーツァルトです。
ぼくがまだザルツブルクにいた24歳のとき、
結構人気のある旅芸人の一座が公演に来たんです。
で、その時に、劇団の座長のシカネーダーと仲良くなったんですが、
彼は興行を仕切るだけじゃなくて、
自ら台本を書いて芝居もやるんですよ。
なかなかおもしろい人物で、才能もあると思います。
その彼が、ちょっと前から、
故郷のレーゲンスブルクの劇場の監督をまかされてたんですけど、
とにかく派手な演出をする男なもんですから、
そういうのが反感買ったり、おまけに女の子も大好きなやつなんで(笑)、
貴族に嫌われちゃって、ウィーンに移り住んできたんです。
ダ・ポンテといい、シカネーダーといい、そんなやつばっかりですよ!
まあぼくもひとのことは言えませんけどね。
で、ウィーンで芝居を旗揚げしたんですけど、
そのこけら落としの道化芝居「ばかな庭師」っていうのが大ヒットしたんです。

アン・デア・ウィーン劇場(前身はシカネーダー一座が構えたヴィーデン劇場)

まあやつは面白い芝居を作る才能はムチャクチャありますからね。
ウィーン向きかもしれません。
彼の芝居では歌もあったりするんですが、
その芝居の歌のテーマでぼくも変奏曲を作ってみました。
そしたらシカネーダーから、オペラ書いてよって頼まれたんです。
う〜ん彼と一緒ならこれまでにない面白いオペラができるかもしれません!
やるしかねーだろ!って感じです!!
...ウィーンの3月はまだまだ厳しい寒さが続きます...

1791年3月 第182回 11月28日(火)放送

2006年 11月 28日 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183569/12754485

この記事へのトラックバック一覧です: シカネーダーとコラボ:



Copyright(C)2006 NHK ENTERPRISES All Rights Reserved.