nifty 音楽総合サイト MOOCS

カレンダー

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

山本耕史

山本耕史 1976年10月31日生まれ B型
2005年、エランドール新人賞、ギャラクシー賞月間賞(04.05月度)・同年間奨励賞、2004年ザ・テレビジョン・ドラマアカデミー助演男優賞 ほか
(撮影 林義勝)

山本耕史公式サイト



« 『山本耕史とたどる モーツァルトへの旅』 制作日誌(7)ウィーン編3 | トップページ | ベルリンで一発 »

2006年10月26日 (木)

ヘンデルやっぱスゴい

こんにちはモーツァルトです。
ちょっとというかだいぶ間があいちゃいました。
実は、宮廷図書館長でバロックおたくのスヴィーテン男爵から、
やっぱりちょっとマニアックな依頼が来たんですよ。
ヘンデルの代表作でオラトリオの「メサイア」って曲があるんです。
「ハ〜レルヤ!ハレルヤ!ハレルヤ!」でおなじみのアレなんですけど、
これをぼくに編曲してほしいって言うんですよ。
いやこれはたいへんなことです。
ぼくはヘンデルの作品にはとても興味がありましたし、
何てったって「メサイア」は大変な傑作ですから、
それに手を入れるだけでも畏れ多い、
ってなもんです。

エステルハージ邸(ウィーン)

でもやっちゃいました。
原曲のすばらしさをできるだけキープして、
イマ風に管楽器を足したりして厚みを出しました。
初演はぼくが指揮してエステルハージ邸でやったんですが、
独唱陣もアロイジアとかウィーン最強のメンバーでしたので、
結果はかなりなもんでしたよ!

1789年3月 第159回 10月26日(木)放送

2006年 10月 26日 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183569/12303900

この記事へのトラックバック一覧です: ヘンデルやっぱスゴい:

» サミュエル・ピープスの日記 トラックバック 日記MONOGATARI
17世紀のイギリス紳士ピープス氏が十年間にわたって書き残した膨大な暗号による日記は抱腹絶倒の、日記文学の白眉として、またイギリス近世史・社会史の汲めどもつきぬ第一次資料として著名である。本書は1667年分の完訳である。 ■サミュエル・ピープスの日記 (第8巻)作者: 臼田 昭, 岡 照雄, 海保 真夫, サミュエル・ピープス出版社/メーカー: 国文社発売日: 1999/06メディア: 単行本 ■サミュエル・ピープスの日記(1~9巻) ... [続きを読む]

受信: 2006/10/26 5:45:50



Copyright(C)2006 NHK ENTERPRISES All Rights Reserved.