nifty 音楽総合サイト MOOCS

カレンダー

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

山本耕史

山本耕史 1976年10月31日生まれ B型
2005年、エランドール新人賞、ギャラクシー賞月間賞(04.05月度)・同年間奨励賞、2004年ザ・テレビジョン・ドラマアカデミー助演男優賞 ほか
(撮影 林義勝)

山本耕史公式サイト



« ミラノのこと | トップページ | ミュンヘンのこと »

2006年8月 3日 (木)

パリのこと

こんにちはモーツァルトです。
今日の街の思い出は、パリです。
ぼくが最初にパリに行ったのは、7歳のときでした。
当時ぼくは、神童ということになっていましたので(笑)、
パリでも国王ルイ15世に呼ばれて演奏したりしていました。
そしてそこでも、ぼくの演奏を聴いた国王や貴族のひとたちが誉めてくださり、
ぼくはいつのまにかヨーロッパ中で名が知られるようになっていたんです。
ところが22歳になって、ザルツブルクの宮廷楽団を辞めて、
仕事を探しに母と再びパリに行ったときには、
もう以前のような歓迎ぶりはどこにもありませんでした。

ヴォージュ広場

以前演奏を喜んでくれた貴族のひとたちは、
神童じゃなくなったぼくの演奏には興味がなかったんです。
パリの人たちってきっと飽きっぽいんですよね。
よかったことといえば、
滞在中に書いた交響曲がウケたことと、
バレエの振り付け師の知人から、
バレエ音楽の作曲を依頼されたことくらいかな...
でも、そのバレエが初演された直後に、母が亡くなってしまって...
パリはもちろんヨーロッパの芸術の中心地みたいな街ですが、
ぼくにとっては、ひたすらほろ苦い思い出だけの街になってしまいました...

夏の特別編 モーツァルトと街(4) 8月3日(木)放送

2006年 8月 3日 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183569/11167151

この記事へのトラックバック一覧です: パリのこと:



Copyright(C)2006 NHK ENTERPRISES All Rights Reserved.