nifty 音楽総合サイト MOOCS

カレンダー

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

山本耕史

山本耕史 1976年10月31日生まれ B型
2005年、エランドール新人賞、ギャラクシー賞月間賞(04.05月度)・同年間奨励賞、2004年ザ・テレビジョン・ドラマアカデミー助演男優賞 ほか
(撮影 林義勝)

山本耕史公式サイト



« ザルツブルクのこと | トップページ | 『アマデウス・ブログ』本日オープン! »

2006年8月 1日 (火)

ロンドンのこと

こんにちはモーツァルトです。

今日はぼくがまだ小さいときに一度行ったことがある、ロンドンのことを書きたいと思います。

父とヨーロッパのいろいろな街に演奏旅行で出掛けたのですが、ロンドンに行ったのは1764年の春、ぼくがまだ8歳のときでした。

ロンドンはたいへんな大都会で、音楽家もたくさん集まっていましたし、演奏会もいっぱい開かれていました。

まだ幼かったぼくは、すでに神童とかいって知られていて、イギリスの国王の前でピアノを弾いたりしたんです。
そんなこともあって、演奏会はここでもたいへんな話題になって、父は結構お金が儲かったみたいです(笑)。

でもぼくが忘れられないのは、バッハの息子であるJ・C・バッハの交響曲を演奏会で初めて聴いて、とても影響を受けたことなんです。

J・C・バッハ

その印象があまりに大きくて、ぼくはロンドンで初めて交響曲を作曲しました。

ロンドン滞在中に父が病気になってしまい、演奏活動を中止せざるを得なくなったとき、ぼくはより難しい交響曲の作曲に夢中になりました。

ロンドンにいたのは1年と3ヶ月くらいでしたけど、ぼくにとっては忘れられない街です。

夏の特別編 モーツァルトと街(2) 8月1日(火)放送

2006年 8月 1日 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183569/11167055

この記事へのトラックバック一覧です: ロンドンのこと:



Copyright(C)2006 NHK ENTERPRISES All Rights Reserved.