nifty 音楽総合サイト MOOCS

カレンダー

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

山本耕史

山本耕史 1976年10月31日生まれ B型
2005年、エランドール新人賞、ギャラクシー賞月間賞(04.05月度)・同年間奨励賞、2004年ザ・テレビジョン・ドラマアカデミー助演男優賞 ほか
(撮影 林義勝)

山本耕史公式サイト



« 旅のはじまり | トップページ | 家庭教師 »

2006年8月15日 (火)

疾風怒濤

こんにちはモーツァルトです。
今日はぼくの作曲の大きな節目になった経験について書きたいと思います。
ぼくは17歳だった1773年の夏から秋にかけて、
ウィーンに旅行しました。
当時ウィーンでは、
ドイツで起こった「疾風怒濤」という文学運動の嵐が吹き荒れていました。
これは、古くさい常識を否定し、
ぼくみたいな若者の新しい価値観を尊重しようというもので、
もちろんぼくも大いに影響を受けて帰ってきました。
当時ぼくはザルツブルクでは宮廷楽師長の職務についていましたが、
楽師長といっても主人である大司教コロレドの好みに合わせて、
演奏したり作曲したりというのが主な仕事なんです。

レジデンツ(大司教が暮らした館。この写真はモーツァルトが演奏した会議室)

ウィーンで「疾風怒濤」運動の影響を受けたぼくは、
主人の言いなりになっているのがたまらなくて、
勢いでこんな交響曲を作曲したりしたんです。
いま思うと、若さゆえ...っていうんでしょうか、
ぼくにしては珍しい短調の激しい曲で、
青春の思い出というか、懐かしいですね。

リクエスト特集(2) 8月15日(火)放送

2006年 8月 15日 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183569/11414422

この記事へのトラックバック一覧です: 疾風怒濤:



Copyright(C)2006 NHK ENTERPRISES All Rights Reserved.