nifty 音楽総合サイト MOOCS

カレンダー

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

山本耕史

山本耕史 1976年10月31日生まれ B型
2005年、エランドール新人賞、ギャラクシー賞月間賞(04.05月度)・同年間奨励賞、2004年ザ・テレビジョン・ドラマアカデミー助演男優賞 ほか
(撮影 林義勝)

山本耕史公式サイト



« オペラのこと | トップページ | アンサンブルのアンコール禁止(笑) »

2006年7月25日 (火)

「愛」にあふれたオペラなんです

こんにちはモーツァルトです。

ところで、ぼくの新作オペラ「フィガロの結婚」、どこがおもしろいの?っていうのを今日はご紹介しましょう。

まず、これは喜劇なんですけど、「愛」にあふれたオペラなんです。
個性豊かで魅力的な登場人物が次々現れて、それぞれの「愛」や「恋へのあこがれ」を歌います。
この作品には、さまざまな「愛」のかたちが満ちあふれていて、ぼくも原作を読んだときには、もう旋律が聴こえてくるかのようでした。

実際に完成したオペラにも、「愛」のアリアが散りばめられているんです。

たとえば、夫の心変わりを嘆きながらもせつせつと変わらぬ愛を訴える伯爵夫人や、少年ケルビーノが年上の女性にあこがれる恋心を歌う場面なんか、みなさんにもぜひ聴いてほしいです!

自分でもこのオペラには自信があったんですけど、ぼくをよく思っていない人たちが初演のときに妨害しようとしたりしたんですよ。

ですけど、おかげさまで上演は成功したので、いつの間にかぼくをよく思っていない人たちもおとなしくなったようです。
ウィーンの音楽界ってシビアですからね...

1786年5月 第122回 7月25日(火)放送

2006年 7月 25日 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183569/11166671

この記事へのトラックバック一覧です: 「愛」にあふれたオペラなんです:



Copyright(C)2006 NHK ENTERPRISES All Rights Reserved.